サラサラに効果的な成分

血液がサラサラになるといわれる成分はさまざまなものを聞くことが多い。そもそも血液がドロドロになるないし固まりやすいとはどういうことだろうか。これは血液中の赤血球や血小板という成分が血中のコレステロールや血圧の上昇によって固まりやすくなりつまり安くなることを一般的に血液がドロドロになっている、もしくは、血液が固まりやすいと表現します。

 

この血液の固まりやすさは心筋梗塞や肺塞栓症、脳梗塞を引き起こすリスクになる可能性があり注意が必要でもあります。血液の固まりやすさを解消するために注目されている成分としては魚類に含まれているEPAやDHAがあります。まずEPAはエイコサペンタエン酸の略称であり人の体内では作ることができない青魚などに多く含まれるオメガ3脂肪酸のことをさします。

 

このEPAは血小板の凝集の活性を高めるオメガ6脂肪酸に取って代わることによって異常な活性を防ぎ血小板の過剰な凝集を防ぐ、つまり、血液をサラサラにするのです。一方DHAはドコサヘキサエン酸の略称でありこれもEPAと同様に人の体内では作ることのできない青魚などに多く含まれるオメガ3脂肪酸のことをさします。

 

また、同様にDHAにも血小板の異常な凝集を妨げる効果があります。さらに、DHAは脳のニューロンという神経細胞に含まれており神経細胞を活性化させ脳での情報の伝達をスムーズにし学習能力などを高める効果がるともいわれています。このEPA、DHAは医療用の薬剤にも使われており医学的にも有用性が期待できる成分でもあるのです。

 

医療用ではこの両成分青魚から抽出されており、薬品としてはソフトカプセルや顆粒状の剤形で存在しています。最近ではEPAの薬品はで副作用が少ないため処方箋がなくてもドラッグストアなどで購入することができるOTC薬品として一般に売られるようになりました。しかし、これらの薬剤は副作用の可能性が少ない分効果はさほど高いものではなく医療用で用いるときにはほかの薬品に補助的な役割で併用することが多いです。また魚類特有の生臭さがあったりすることも欠点ではあります。